「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問73」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問73

ある期間の生産計画において、
表の部品表で表される製品Aの需要量が10個であるとき、
部品Dの正味所要量は何個か。

ここで、
ユニットBの在庫残が5個、
部品Dの在庫残が25個であり、
ほかの在庫残、仕掛残、注文残、引当残
などはないものとする。

ア:80
イ:90
ウ:95
エ:105


解説

Aを10個作るのにDは何個必要?
ただ、今現在、Bが5個、Dが25個ある。

10A=40B+10C
である。
だが、Bは既に5個あるので、
10A=35B+10C
で良い。

35B=105D+35E
であるが、Dは既に25個あるので、
35B=80D+35E
で良い。
10C=10D+20F
なので、
Dの必要量は90Dとなる

正解はイ

解答

正解:イ