キャッシュとバッファの違いについて


・キャッシュは「何度も使うデータ」を保持しておき、処理速度の向上させる領域
・バッファは「近い将来使用する予定があるデータ」をすぐ使えるように保持しておき、処理速度を向上させる領域

過去の経験的にたくさん使っているデータは、どうせ将来も使うだろうから保持しておくのがキャッシュ。

この動作をしたら絶対にすぐ必要になると分かったデータを保持しておくのがバッファ。