Oracle VM virtualBoxのCentOS7で動かせるようにするまで編

まずは「Oracle VM virtualBox」をインストールする。

Oracle VM VirtualBox – Downloads | Oracle Technology Network | Oracle

私の時は、「version 5.2.8.」だった。

ダウンロードする。「VirtualBox-5.2.8-121009-Win.exe」がローカルにダウンロードされたら、実行する。とにかくYES/OKで大丈夫。

デスクトップに青い四角い奴が出現する。これがOracle VM virtualBoxである。出てこなかったら「C:\Program Files\Oracle\VirtualBox」ら辺にあるのではないだろうか。そいつを叩く、ダブルクリックする。

画面が出る。まずは新規の仮想サーバーを作成する。

f:id:ideal_real:20180317144511p:plain

このマークを叩く。叩くんだよ。クリックだ。

f:id:ideal_real:20180317144553p:plain

名前は自由に入力すること。タイプとバージョンもお好みで。「Oracle VM virtualBox」何にしたいかわからないけれども、とりあえず使ってみたい人は、「タイプ=Linux」「バージョン=Red Hat(64-bit)」でいいんじゃないだろうか。

f:id:ideal_real:20180317144758p:plain

仮想マシンが使えるメモリの量を指定できる。少な過ぎれば仮想マシンの動きが遅くなるだろうし、多すぎれば本体のパソコンがやばい。自分のメモリ量と相談すること。最近のパソコンを使用していて、詳しい事がよくわからない場合はそのまま「次へ」を押す。

f:id:ideal_real:20180317145029p:plain

「作成」を押す。

f:id:ideal_real:20180317145050p:plain

そのままの設定で「次へ」を押す。

f:id:ideal_real:20180317145112p:plain

そのままの設定で大丈夫。「次へ」

f:id:ideal_real:20180317145157p:plain

「作成」ボタンを押す。

これで作成は半分終わったようなものである。

最初の画面に戻り、自分が作った仮想マシンが表示されている。

f:id:ideal_real:20180317145256p:plain

こいつをクリックする。すると以下の画面が出る。

f:id:ideal_real:20180317145327p:plain

さっき仮想マシンを作ったのに「起動ハードディスクとは何ぞや?」と思うかもしれないが、OSの指定をしろと言っているのである。ここで「CentOS」の出番である。

以下のリンクから「CentOS」をダウンロードする。

Download CentOS

こいつをクリック。
f:id:ideal_real:20180317145554p:plain

ページが移動する。「Actual Country」の中から、どれでもいいので選ぶ。クリックするとダウンロードが開始される。
4ギガくらいあるから、ちょっと待つ。

f:id:ideal_real:20180317145626p:plain

ダウンロードが終わったら、さっきの画面に戻る。この画面である。
画像の赤丸で囲ってある場所をクリックする。

f:id:ideal_real:20180317145840p:plain

さっきダウンロードした4ギガくらいある「CentOS-7-x86_64-DVD-1708.iso」を選択してダブルクリックする。

すると、表示が下のように変わるので「起動」をクリック。

f:id:ideal_real:20180317150038p:plain

英語がたくさん出てきてよくわからん場合は「待つ」。1分間何もしなければ自動的にインストールが進む。

待てば、こんな画面になる。なるので日本語を選択して続行を押す。
f:id:ideal_real:20180317150247p:plain

ちなみに画面をクリックしたらメッセージが出て「キャプチャがなんたら、ホットキーがなんたら」と言い出してくる。
あれは「virtualBoxの画面をクリックすると、virtualBox操作モードになるで。その時は、他の操作ができなくなるで。具体的にはググりたいからgooglechromeを開くためにマウスカーソルを動かそうとしてもvirtualBoxから出られんくなる。マウスカーソルがvirtualBox画面の外に行かんようになるのや。でもそのままじゃ困るよな?だって他にもやりたい事あるやろ?という訳でvirtualBox操作モードから抜け出すためには、「キーボードの右側にCtrl」ってボタンがあるやろ?それを押すんや。そうすればvirtualBoxの画面から抜け出せるで!」という意味である。

f:id:ideal_real:20180317151011p:plain

キーボードの設定とかを自動的に見つけてくれているので、ちょっと待つ。

その後に「インストールの開始」を押したい所だけれども、押せないはず。押せない理由は「システム欄のインストール先」が指定されていないから。よってそこを押す。でその画面で「左上にある完了ボタン」を押す。すると元の画面に戻り、「インストールの開始」が押せるようになる。よって押す。

インストールをやってくれているので、その間にユーザー名とパスワードの設定を行なう。
rootとユーザーは別のIDとパスにしましょう。
(ちなみに、ユーザー名とパスワードの設定の完了ボタンは二回くらい押さないと完了されない)

f:id:ideal_real:20180317151451p:plain

「完了しました!」表示されたら、完了したようなので、「再起動ボタン」を押す。

待つ。

待つと、こんな画面が出る。
f:id:ideal_real:20180317151918p:plain

先程、決めたユーザー名を入力する。rootじゃない方のユーザー名である。次にパスワードを求められるのでそれも入力する。無事にログイン完了するはずである。

ローカル環境にteraterm接続する編

「VM virtualBox」のメイン画面に行く。起動させて最初に出る画面の事である。

そこで、さっき作成した仮想マシンを選択する。
f:id:ideal_real:20180318004912p:plain

選択したら、メイン画面の設定ボタンを押す。
f:id:ideal_real:20180318004923p:plain

押すと、設定画面が出るので、「ネットワーク」をクリック。そして次に「高度」をクリック。
f:id:ideal_real:20180318005103p:plain

すると、高度の下の空白に何やら文字が出てくるので、その中から「ポートフォワーディング」をクリックする。

f:id:ideal_real:20180318005224p:plain

すると、こんな画面が出る。出るので下記画面の赤丸の場所をクリックする。
f:id:ideal_real:20180318005320p:plain

下記画面と同じように値を設定する。設定したらOKボタンを押す。
f:id:ideal_real:20180318005342p:plain

そうしたら、設定画面での動作は終わり。

次はメイン画面に戻ってこいつをダブルクリックする。つまりは実行する。
f:id:ideal_real:20180318012723p:plain

実行されたらログインする。

ログインしたら、「su」コマンドを入力する。rootのパスを入力いてエンター。
f:id:ideal_real:20180318014345p:plain

スイッチできている事の確認。
f:id:ideal_real:20180318014433p:plain

「sudo vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0」と入力してエンター。

するとvi入力画面になる。
f:id:ideal_real:20180318014850p:plain

以下の情報を入力
f:id:ideal_real:20180318015002p:plain

DEVICE=eth0
BOOTPROTO=none
ONBOOT=yes
NETMASK=255.255.255.0
IPADDR=10.0.1.27
USERCTL=no

「ESC→:wq」でvi終了。

「cd /etc/sysconfig/network-scripts/」を行いディレクトリ移動する。

「rm ifcfg-eth0」を行い、本当に削除するか?的な事を聞かれたら「y」を入力。

「service network restart」コマンドを打つ。OKが出たら完了。FAILEDだったら、「rm ifcfg-enp0s3」を行なう。そんでもう一回「service network restart」。

上記の「ifcfg-eth0」系の作業がちょっと意味不明。作ったファイル削除しているだけじゃん。

単純にポートフォワーディングの処理だけやって、ネットワークサービスリスタートして、再起動すれば繋がるのではないだろうか?

これで設定は完了。「virtualBox」はそのままにして、テラタームを開く。

テラタームのコネクションは以下の通り。
f:id:ideal_real:20180318015851p:plain

ユーザー名とパスはvirtualBoxで設定したものを入力。

完了!!!!

個人的に必要なコマンド編

yum -y update
yum -y install vim
yum -y install bind-utils
yum -y install tree
yum -y install zip unzip
yum -y install bc
yum -y install yum-utils
yum -y install wget
yum -y remove postfix
yum -y install epel-release
yum -y install redhat-lsb-core
yum groupinstall “Development Tools”