「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問31」NAPT(IPマスカレード)

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問31

プライベートIPアドレスを割り当てられたPCがNAPT(IPマスカレード)機能を持つルータを経由して、
インターネット上のWEBサーバにアクセスしている。

WEBサーバからPCへの応答パケットに含まれるヘッダ情報のうち、
このルータで書き換えられるフィールドの組み合わせとして、
適切なものはどれか。

ここで、表中のフィールドの情報が書き換えられることを表す。

解説

NAPT(NETWORK Address Port Translation)、別名IPマスカレードとは、
プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを相互変換する技術のこと。

複数のプライベートIPを一つのグローバルIPに変換してインターネット接続させることが可能。

マスカレードとは、仮面舞踏会という意味であり、
プライベートIPにグローバルIPという仮面付けさせてインターネット接続させる、
みたいな意味に繋がるのだろう。

で、問題としては、
「WEBサーバからPCへのへの応答パケットの情報で書き換えられるフィールドは何?」
と聞いている。

この場合、送信元がWEBサーバであり、宛先がPCである。
NAPTの機能はPC内でのプライベートIPをグローバルIPに書き換える、というものなので、
書き換わるのは宛先のものである。

宛先だけに丸印が付いているのはイだけなので、正解はイ。

解答

正解:イ

アドセンス
改行

テックキャンプ