「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問27」RDBMSの権限付与

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問27

RDBMSにおいて、
特定の利用者だけに表を更新する権限を与える方法として、
適切なものはどれか。

ア:CONNECT文で接続を許可する。
イ:CREATE ASSERTION文で表明して制限する。
ウ:CREATE TABLE文の参照制約で制限する。
エ:GRANT文で許可する。

解説

知っていれば即解答できるが、知らない場合は英語を和訳して予測する。

CONNECT→接続
ASSERTION→主張、宣言
GRANT→付与

「特定の利用者だけに表を更新する権限を与える」という動作に繋がるのはGRANTとなる。
・「GRANT→付与」と「問題文の与える」
・「解答エの許可する」と「問題文の権限を与える」(行動が許されるという点で意味が共通する)

という事で、答えはエ

CONNECT文

CONNECTはデータベースへの接続を確立するもの。

CREATE ASSERTION文

CREATE ASSERTIONは、複数のテーブルに対して制約をかけるもの。
例えば、
・テーブルAの件数は、「テーブルBとテーブルCの合計件数」と等しい。
みたいな制約が付与できる。

CREATE TABLE文の参照制約

参照制約とは、「テーブルAで入力する値がテーブルBに入っている値に制限される」といった物のこと。
参照する値の制約。

例えばテーブルBが「自社の商品一覧を管理するテーブル」であり、
テーブルAが「自社で販売が制約した商品を記録するテーブル」であった時、
テーブルAの値の中に「テーブルBに存在しない値」が入っていたら問題になる。

何故なら、自社に存在しない商品を販売したことになってしまうから。
そんな事は避けたいため、テーブルBにある値のみが参照できる、という制約を設けることで安全性を保つことができる。

GRANT文

GRANTは1人または複数のユーザーに表に対しての権限を付与するためのSQLである。

解答

正解:エ

アドセンス
改行

テックキャンプ