「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問22」標本化/量子化/データ量

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問22

音声を
・標本化周波数10kHz
・量子化ビット数16ビット
で4秒間サンプリングして音声データを取得した。

この音声データを、圧縮率1/4のADPCMを用いて圧縮した場合のデータ量は何kバイトか。
ここで、1kバイトは1000バイトとする。

ア:10
イ:20
ウ:80
エ:160

解説

標本化周波数とは、標本化(サンプリング)のための周波数のこと。
デジタル化するために1秒間に何回データを取得するかを定めたもの。

1kだと1000回なので、10kだと1秒間に10000回データを取得するということ。

量子化ビット数とは、信号を何段階で表すかを定めるもの。
8ビットならば、2の8乗で256段階の数で信号を表すことができる。
ビット数が多ければ多いほど、より細かい表現ができるが、使用するデータ量も増大する。

問題文16ビットになっているが、回答はバイトで行うため、2バイトで計算する。

圧縮率1/4はそのまま割れば良い。

標本化周波数=10000回
量子化バイト数=2バイト
サンプリング秒数=4秒
圧縮率=1/4

10000×2×4÷4=20000=20k

答え:20

解答

正解:イ

アドセンス
改行

テックキャンプ