「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問15」検索要求件数の計算

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問15

あるクライアントサーバシステムにおいて、
クライアントから要求された1件の検索を処理するために、
サーバで平均100万命令が実行される。

1件の検索につき、ネットワーク内で転送されるデータは平均2×10^5バイトである。
このサーバの性能は100MIPSであり、ネットワークの転送速度は8×10^7ビット/秒である。
このシステムにおいて、1秒間に処理できる検索要求は何件か。
ここで、処理できる件数は、サーバとネットワークの処理能力だけで決まるものとする。
また、1バイトは8ビットとする。

ア:50
イ:100
ウ:200
エ:400

解説

前提としては、
クライアント→ネットワーク→サーバ
という順でデータが流れる。

この問題は「処理できる件数は、サーバとネットワークの処理能力だけで決まるものとする」とあるので、クライアントの性能は考慮しない。

つまり、ネットワーク→サーバのみを考える。

ネットワークが1秒間に何件送れるか

まず、ネットワークが1秒間に何件のデータを送れるか。

「1件の検索につき、ネットワーク内で転送されるデータは平均2×10^5バイト」
「ネットワークの転送速度は8×10^7ビット/秒」

という情報があるので、これを整理する。
ビットをバイトに揃える。
「ネットワークの転送速度は8×10^7ビット/秒」
→「ネットワークの転送速度は10^7バイト/秒」
→「1秒間に10^7バイトのデータを転送できる」

「1秒間に10^7バイトのデータを転送できるネットワーク」を使用すると、
「1件で2×10^5バイト使用する検索」は1秒間に何回行えるか?
という事である。

10^7÷(2×10^5)
→10^7÷10^5÷2
→10^2÷2
→100÷2
→50(件)
となる。

サーバが1秒間に何件処理できるか

「1件の検索を処理するために、サーバで平均100万命令が実行される」
「サーバの性能は100MIPS」
という情報があれば、「サーバが1秒間に何件処理できるか」が分かる。

「サーバの性能は100MIPS」
→1MIPSは1秒間に100万命令が実行できるということ。
→100MIPSは1秒間に100万×100命令が実行できるということ。

「1件の検索を処理するために、サーバで平均100万命令が実行される」
→1件の検索で100万命令必要とする。
→サーバの性能は100MIPSなので、1秒間に100件処理ができる

総括

ネットワークとサーバがそれぞれ1秒間に処理できる件数が分かった。

ネットワークは50件であり、サーバは100件である。
データの処理順は「ネットワークが先で、サーバが後である」というのが冒頭の通りである。

1.ネットワークはサーバより処理できる件数が少ない。
2・サーバが1秒間に100件処理できたとしても、ネットワークからは1秒間に50件しか送られてこないのである。
3.処理できる件数はネットワークの件数以上にはならない。

ということで答えは50件である。

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ