「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問12」タイムアウトの設定時間

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問

・Webサーバ
・アプリケーションサーバ(AP)
・データベースサーバ(DB)
が各1台で構成されるWebシステムにおいて、次の3種類のタイムアウトを設定した。

タイムアウトに設定する時間を長い順に並べたものはどれか。
ここで、トランザクションはWebリクエスト内で処理を完了するものとする。

〔タイムアウトの種類〕
1.APサーバのAPが、処理を開始してから終了するまで
2.APサーバのAPにおいて、DBアクセスなどのトランザクションを開始してから終了するまで
3.Webサーバが、APサーバーにリクエストを送信してから返信を受けるまで

ア:1,3,2
イ:2,1,3
ウ:3,1,2
エ:3,2,1

解説

この問題で考えることは、「何と何が繋がっていて、それがどの順番で繋がっているか?」という事である。
タイムアウトというのは「処理についての制限時間を設けること」なので、処理の内容が沢山ある物はタイムアウト時間を長くする必要があると考えるのである。

仮に、APサーバの処理が「DBアクセスとWEBサーバーの処理を内包している」のならば、APサーバの処理が一番長くあるべきなのである。

その辺の内包具合を知る手がかりになる文章が「タイムアウトの種類」となる。

「2.APサーバのAPにおいて、DBアクセスなどのトランザクションを開始してから終了するまで」という文章によって、APサーバーの処理にはDBアクセスの処理が含まれているので、APサーバーのタイムアウト時間はDBアクセスより大きいということが分かる。

「3.Webサーバが、APサーバーにリクエストを送信してから返信を受けるまで」という文章によって、WebサーバからAPサーバに通信をする事が分かるので、Webサーバのタイムアウト時間は、APサーバーより大きいということが分かる。

まとめると、Webサーバ>APサーバ>DBアクセスとなる。

タイムアウトの種類とは簡潔に言うと、
1.APのタイムアウト
2.DBのタイムアウト
3.WEBのタイムアウト
ということなので、答えは3,1,2,となる。ウが正解である。

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ