「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問11」ZigBee

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問11

ZigBeeの説明として、適切なものはどれか。

ア:携帯電話などのモバイル端末とヘッドセットなどの周辺機器とを接続するための近距離の無線通信として使われる。
イ:赤外線を利用して実現される無線通信であり、テレビ、エアコンなどのリモコンに使われる。
ウ:低消費電力で低速の通信を行い、センサネットワークなどに使われる。
エ:連絡用、業務用などに利用される小型の携帯型トランシーバに使われる。

解説

用語問題。

ZigBee

ZigBeeとは、無線通信規格である。
利点は、「乾電池程度の電力で数年連続で稼働できる省電力性」と「低コスト」と「最大接続台数の多さ」にある。
(理論上の最大接続数は65,536台)

しかし、「同じ無線通信規格のBlueTooth」に比べると低速であり、伝送距離も短い。
(ZigBeeの速度は20kbps-250kbpsであり、伝送距離は30cm程度)

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ