「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問10」メモリのデータ転送速度の計算

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問10

・バス幅が16ビット
・メモリサイクルタイムが80ナノ秒
で連続して動作できるメモリがある。

このメモリのデータ転送速度は何Mバイト/秒か。
ここで、Mは10^6を表す。

ア:12.5
イ:25
ウ:160
エ:200

解説

用語と計算方法が不明だと問題が解けないので、まずその説明をする。

バス幅

バスとは、コンピュータ内部でのデータ伝送経路である。
バス幅とは、バスが一度の伝送で同時に送れるデータ量のことを言う。

メモリサイクルタイム

サイクルタイムとは、1回に動作に必要な時間のこと。
この文脈上、メモリサイクルタイムとは、メモリ内のデータを1回転送するのに必要な時間の事と考えて良い。

バス幅とメモリサイクルタイムからデータ転送速度を計算する

問われているのは、Mバイト/秒なので、1秒に何Mバイトデータ転送ができるかを計算する。

メモリサイクルタイムを考えると、「メモリサイクルタイムが80ナノ秒」とある。
1回のデータ転送を80ナノ秒で行う、という事であるから、1秒間で何回のデータ転送ができるか?と考えれば良い。

となると、1秒を80ナノ秒で割り算すれば良い。

1秒は1,000,000,000ナノ秒である。
つまり、1,000,000,000÷80=12,500,000となり、1秒に12,500,000回、データを転送できることになる。

これに対してバス幅の考えを加える。
今分かっていることは1秒間に転送できる回数であり、バイト数は分かっていない。

バス幅は「一度の伝送で送れるデータ量」である。
12,500,000回伝送できる事が分かったのだから、これにバス幅を掛け算してやれば良い。

ちなみに問題文で問われているのは、「バイト」であるから、「バス幅が16ビット」をビットからバイトに変換してやる必要がある。1バイトは8ビットなので、バス幅は2バイトである。

12,500,000回×2バイト=25,000,000

となり、これをメガバイト変換してやると、25Mバイト/秒となる。

解答

正解:イ

アドセンス
改行

テックキャンプ