「応用情報技術者試験/平成31年春季午前問8」スーパースカラ

問題

出典:応用情報技術者平成31年春季午前問8

スーパースカラの説明として適切なものはどれか

ア:一つのチップ内に複数のプロセッサコアを実装し、複数のスレッドを並列に実行する。
イ:一つのプロセッサコアで複数のスレッドを切り替えて並列に実行する。
ウ:一つの命令で、複数のことなるデータに対する演算を、複数の演算器を用いて並列に実行する。
エ:並列可能な複数の命令を、複数の演算器に振り分けることによって並列に実行する

解説

用語問題になるので、以下、解説。

スーパースカラ

スーパースカラとは、処理を高速化する方式のこと。
処理を実行する回路を複数持ち、複数の命令処理を並列に実行することで実現する。
「複数の命令処理を同時に実行する」というのがスーパースカラである。

処理を実行する回路を複数持ち、「一つの命令を並列に実行する」というのはパイプラインと呼ぶ。
つまり、スーパースカラとはパイプラインを複数同時に処理することを言う。

マルチコアプロセッシング

マルチコアプロセッシングとは、複数のスレッドを並列に実行すること。
一つのチップ内に複数のプロセッサコアを実装することで実現。

マルチタスク

マルチタスクとは、並列に実行すること。
一つのプロセッサコアで複数のスレッドを切り替えることで実現。

MIMD

MIMD(Multiple Instruction, Multiple Data)とは、
一つの命令で、並列に実行させること。
一つの命令のみで「複数の演算器に対して、複数の異なるデータに対する演算をさせる」ことが特徴。

解答

正解:エ

アドセンス
改行

テックキャンプ