TCP/IPモデルにおける通信の流れ

 1.送信データに、アプリケーション層で、データにヘッダを追加する。
 2.「1.」のデータに、トランスポート層で、データにヘッダを追加する。
 3.「2.」のデータに、インターネット層で、データにヘッダを追加する。
 4.「3.」のデータに、リンク層で、データにヘッダを追加する。
 5.通信データを電気信号に変換して、送出する。
 6.送信元から、電気信号がケーブルを流れて、宛先に到着する
 7.電気信号を通信データに変換する。
 8.リンク層で、データからヘッダを削除する。
 9.インターネット層で、データからヘッダを削除する。
10.トランスポート層で、データからヘッダを削除する。
11.アプリケーション層で、データからヘッダを削除する。
12.送信データを取り出す。

アドセンス
改行

テックキャンプ