OSI基本参照モデルとは

OSI基本参照モデルとは、様々な通信で使えるようにする為の考え方である。

その内容は、
・プロトコルを7階層に区分する
・各階層における役割決める
・各階層を差し替え可能にする
ことにより、実現される。

OSI基本参照モデルは以下の7階層で構成される。

第7層:アプリケーション層(APIごとの通信)
第6層:プレゼンテーション層(データの「形式・暗号・圧縮・伸張」)
第5層:セッション層(通信の開始から終了)
第4層:トランスポート層(通信の信頼性)
第3層:ネットワーク層(ネットワーク通信の「経路選択・中継」)
第2層:データリンク層(同一ネットワーク内の通信)
第1層:物理層(電気信号のプロトコル・ケーブルの形状)

アドセンス
改行

テックキャンプ