標的型メールへの対策の例

・不審なメールは開かない。
・不審なメールは情報共有するべきだが、転送してはいけない。それにより、他の人間が感染する可能性がある為。

アドセンス
改行

テックキャンプ