ハッシュ関数とは

ハッシュ関数とは、改ざんなしを確かめる為に使う計算方法です。
ディジタル署名の中で使われます。

ハッシュ関数を使うと、平文は一定のサイズの文字列に変換される。この作業をハッシュ化と呼ぶ。
(一定のサイズの文字列は、メッセージダイジェストと呼ばれる)

ハッシュ関数には以下の特徴がある。
・異なる平文をハッシュ化しても、同一のダイジェストになることは、計算上あり得ない。
・平文からダイジェストは作れるが、ダイジェストから平文は作れない。

ダイジェストには以下の特徴がある。
・ダイジェストにより、ファイル全体を比較しなくても、ファイルの同一性が担保できる。
・ダイジェストは平文のファイルサイズに関係なく、一定のサイズになる。

アドセンス
改行

テックキャンプ