ハイブリッド暗号とは

ハイブリッド暗号とは、
「公開鍵暗号方式の短所」と「共通鍵暗号方式」を
組み合わせることで補う暗号方式である。

1.平文を共通鍵Aで暗号化する
2.共通鍵Aを公開鍵暗号方式で暗号化する
3.上記2つの暗号文を、受信者に送る。
4.受信者は「受信者の秘密鍵」を使って、「2.」を復号する
5.「4.」で復号した共通鍵で「1.」を復号する。

こうすると、処理時間を大幅に減らせる。
理由は、平文ではなく、共通鍵を暗号化することで、
暗号化対象のファイルサイズが小さくなる為。

平文も暗号化しているが、それは共通鍵での暗号化である。
共通鍵での暗号化は「処理速度が速い」のが特徴である。

一方、共通鍵の短所は「鍵の配布が手間」なので、それを公開鍵暗号方式の長所「鍵の数が少ない、鍵の配布が容易」によって補助する。

アドセンス
改行

テックキャンプ