キャパシティ管理とは

キャパシティ管理とは、情報システムの資源の容量・性能を、適切な費用内で管理する活動のこと。

キャパシティ管理の目的は、サービスの停止を防ぐこと。

・現状の分析
・将来の予測
を定期的に行って、見直す。

キャパシティ管理の特徴は、
・過不足なく管理する
(少なすぎても、多すぎても良くないので、適切な量の資源に調整する)
・対象は情報システムとなる。
(人間は対象外)

アドセンス
改行

テックキャンプ