サービス継続及び可用性管理とは

サービス継続及び可用性管理とは

・災害やインシデントが発生した後の対応
・インシデントを未然に防ぐ為の予防処置
を行ったりする活動のこと。

事業が中断しても、SLAに記載された期間内でサービスを復旧できるように、
・情報システムによる事業への影響度の把握
・復旧の優先順位の明確化
をしたりします。

サービス継続及び可用性管理では、以下の2つをまとめて「サービスの継続を阻害する事象」と呼びます。

サービス継続性管理

災害が発生した場合でも事業を継続できるように、
最低限のサービスを復旧させる活動です。

問題が起こってからの活動となる。

可用性管理

インシデントが発生した場合の、
復旧の対応を計画し、導入し、サービスを維持する活動です。

問題が起こる前から実際に起こるまでの活動となる。

アドセンス
改行

テックキャンプ