SLAに記載する内容で、注意すべき点について

除外すべき内容

・自社だけでは管理できない内容
・自社だけでは制御できない内容
については、SLAに記載する内容からは除外します。

具体的には、以下のような内容があります。

【他社が開発した情報システムなどは、除外する】
理由は、自社だけでは管理・制御できない為。

【インターネットの通信品質については、除外する】
理由は、不特定多数が共有するが故に、通信品質が不安定な場合がある。
それは自社だけで制御できない為。

【クラウドサービスについては、除外する】
理由は、インターネットを経由する為

費用対効果

SLAに記載する内容は、費用対効果に基づき設定します。
費用を考えずに理想のサービスのみを追求していくと経営として成り立たないからです。

アドセンス
改行

テックキャンプ