システム監査における相互牽制について

システム監査を受ける組織では、
誤りや不正行為を防止する為に、
・職務の分離
・ダブルチェック
を行い、相互牽制を行う必要があります。

以下に、相互牽制が機能しない例を示します。
悪例1:業務を行った後に、承認を受けるプロセスがない。
悪例2:1つの業務について、「入力と承認の権限」を一人で保有してしまう。

アドセンス
改行

テックキャンプ