「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問77」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問77

売上高が7000万円のとき、200万円の損失、
売上高が9000万円のとき、600万円の利益と予想された。

売上高が8000万円のときの変動費は何万円か。
ここで、売上高が変わっても変動費率は変わらないものとする。

ア:3200
イ:4000
ウ:4800
エ:5600

解説

損益=売上高-固定費-変動費
という公式がある。

今回は固定費は登場しないので除外する。
損益=売上高-変動費

変動費=売上高×変動費率
である。
変動費率は変わらないものとする、というのが設問にあるので、
変動費率はAとしてしまう。

つまり変動費=売上高Aである。

この辺をまとめて、式に具体的な値を入れていく。

ケース1:-200=7000-7000A
ケース2:+600=9000-9000A

この二つのケースを連立一次方程式を利用してAを算出する。

ケース2:+600=9000-9000A
マイナス
ケース1:-200=7000-7000A

800=2000-2000A
-1200=-2000A
2000A=1200
A=1200÷2000
A=12÷20
A=3÷5
A=0.6

つまり、変動費率は0.6ということになる。

結論として、売上高8000万円に0.6を掛けると、4800万円になる。

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ