「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問72」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問72

顧客との接点として注目される、チャットボットの説明はどれか。

ア:インターネットオークションなどで、売り手と買い手の取引を安全に行うために、第三者の仲介業者が決済や商品の受渡しを行うサービスである。
イ:需要を予測してネットワーク設備やシステムリソースなどを計画的に調達し、需要に変動に応じて迅速にサービスを提供する考え方である。
ウ:商品提案から販売、アフターサービスまでの、企業と顧客との双方向の対話を、AIを活用した自動応答機能などによって実現するシステムである。
エ:スマートフォンのカメラなどを通して、利用者の視界に有用な情報を重ね合わせ、現実世界での行動や認知を支援する技術である。

解説

チャットボットとは、チャットするロボットのことである。
つまり喋る機械である。

それが何をするかと言うと、顧客との対話である。
それで商品提案や販売、アフターサービスなんかまでをしてしまうのである。

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ