「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問69」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問69

観測データを類似性によって集団や群に分類し、
その特徴となる要因を分析する手法はどれか。

ア:クラスタ分析法
イ:指数平滑法
ウ:デルファイ法
エ:モンテカルロ法

解説

クラスタとは集団という意味である。
つまり集団分析法である。集団を分析する手法である。これが正解である。

指数平滑法とは、「過去の予測値」と「実績値」を利用して需要値を予測する方法。
デルファイ法とは、専門家が意見交換をして、意見を収束する方法。
モンテカルロ法とは、確率を近似的に求める手法。

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ