「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問68」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問68

バリューチェーンによる分類はどれか。

ア:競争要因を、新規参入の脅威、サプライヤの交渉力、買い手の交渉力、代替商品の脅威、競合企業の五つのカテゴリに分類する。
イ:業務を、購買物流、製造、出荷物流、販売・マーケティング、サービスという五つの主活動と、人事・労務管理などの四つの支援活動に分類する。
ウ:事業の成長戦略を、製造(既存・新規)と市場(既存・新規)の2軸を用いて、市場浸透、市場開発、製品開発、多角化の4象限のマトリックスに分類する。
エ:製品を、市場の魅力度と自社の強みの2軸を用いて、花形、金のなる木、問題児、負け犬の4象限のマトリックスに分類する。

解説

バリューチェーンとは、「購入した材料に対して、各プロセスで価値を付加していくのが企業の主活動である。」というコンセプトに基づいて分析を行う手法です。

【主活動】
・購買物流→材料を仕入れる
・製造→材料を加工して価値を付ける
・出荷物流→製品を届けることで価値を付ける
・販売・マーケティング→宣伝して価値を付加し、販売して価値を金銭に変換する
・サービス→価値を顧客に与える

【支援活動】
・人事・労務管理
・全般管理
・技術管理
・調達

これに該当するにはイ

解答

正解:イ

アドセンス
改行

テックキャンプ