「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問67」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問67

SCMの目的はどれか。

ア:顧客情報や購買履歴、クレームなどを一元管理し、きめ細やかな顧客対応を行うことによって、良好な顧客関係の構築を目的とする。
イ:顧客情報や商談スケジュール、進捗状況などの商談状況を一元管理することによって、営業活動の効率向上を目的とする。
ウ:生産、販売、在庫管理、財務会計、人事管理などの基幹業務のあらゆる情報統合管理することによって、経営効率の向上を目的とする。
エ:複数の企業や組織にまたがる調達から販売までの業務プロセス全ての情報を統合的に管理することによって、コスト低減や納期短縮などを目的とする。

解説

SCMはSupply Chain Managementであり、サプライチェーンマネジメントであり、供給の連鎖を管理することである。

つまりは供給までの全てを統合的に管理することである。
自社が管理する「複数の企業にまたがる調達」までをも管理するのである。

生産・在庫・購買・販売・物流などの全ての供給までの流れを管理するのである。

選択肢アは、顧客関係管理でありCRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)という。
選択肢イは、販売力自動化であり、SFA(セールスフォースオートメーション)という。自動化というか一元化である。
選択肢ウは、企業資材計画であり、ERP(エンタープライズリソースプランニング)という。

解答

正解:エ

アドセンス
改行

テックキャンプ