「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問66」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問66

ベンダX社に対して、
表に示すように要件定義フェーズから運用テストフェーズまでを委託したい。

X社との契約に当たって、
“情報システム・モデル取引・契約書<第一版>”に照らし、
各フェーズの契約形態を整理した。

a~dの契約形態のうち、
準委任型が適切であるとされるものはどれか。

ア:a,b
イ:a,d
ウ:b,c
エ:b,d

解説

準委任契約とは、委託された仕事の実施自体を目的とする契約形態です。
仕事の完成が義務ではなく、仕事の実施が義務である契約である。

何故、要件定義についての契約が完成が義務付けられなくていいのかと個人的には疑問である。
運用テストについても同様である。

要件定義が完成しなくていいの?
運用テストが完成しなくていいの?

と思ってしまう次第である。

だが、実際の所、これは「支援業務として」なのだそうである。
でも、だったらシステム内部設計もシステム結合も支援業務として依頼するのなら、準委任でいいんじゃないか?
と思う。きっと、それでもいいのだと思う。

だが、問題の選択肢は2つのみを選択する形式であり、括りとしては
要件定義と運用テストが組みになり、
システム内部設計とシステム結合が組みになるである。
(V字モデル的に)

そうなると選択肢は2つになる。
で、「システム内部設計とシステム結合」は準委任or請負の選択の余地があるのである。

「要件定義と運用テスト」は準委任だけが存在するのである。

だから、消去法的に要件定義と運用テストが準委任なんじゃないかと思う。

解答

正解:イ

アドセンス
改行

テックキャンプ