「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問65」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問65

ある企業が、
AIなどの情報技術を利用した自動応答システムを導入して、
コールセンタにおける顧客対応を無人化しようとしている。

この企業が、システム化構想の立案プロセスで行うべきことはどれか。

ア:AIなどの情報技術の動向を調査し、顧客対応における省力化と品質向上など、競争優位を生み出すための情報技術の利用方法について分析する。
イ:AIなどを利用した自動応答システムを構築する上でのソフトウェア製品又はシステムの信頼性、効率性など品質に関する要件を定義する。
ウ:自動応答に必要なシステム機能及び能力などのシステム要件を定義し、システム要件を、AIなどを利用した製品又はサービスなどのシステム要素に割り当てる。
エ:自動応答を実現するソフトウェア製品又はシステムの要件定義を行い、AIなどを利用した実現方式やインタフェース設計を行う。

解説

システム化構想の立案プロセスには7つのタスクがある。
・経営上のニーズ、課題の確認
・事業環境、業務環境の調査分析
・現行業務、システムの調査分析
・情報技術動向の調査分析
・対象となる業務の明確化
・業務の新全体像の作成
・対象の選定と投資目標の策定

顧客のニーズの調査、
自社環境の調査、
外部環境の調査、
業務の具体化と全体像把握
目標の設定

「システム化構想の立案プロセス」とは、
「内部環境、外部環境、顧客の調査」を行い、
業務を俯瞰と具体化を行いことで理解し、
業務の目標を定めること。

なので正解はア

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ