「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問64」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問64

IT投資に対する評価指標の設定に際し、
バランススコアカードの手法を用いてKPIを設定する場合に、
内部ビジネスプロセスの視点に立ったKPIの例はどれか。

ア:売上高営業利益率を前年比5%アップとする。
イ:顧客クレーム件数を1か月当たり20件以内とする。
ウ:新システムの利用者研修会の受講率を100%とする。
エ:注文受付から製品出荷までの日数を3日短縮とする。

解説

「内部ビジネスプロセス」なのだから、内部、つまり社内に注目する。

ちなみにバランススコアカードは
・財務
・顧客
・業務プロセス(内部プロセス)
・学習と成長
の4つ。

選択肢アは、営業利益とあるので財務
選択肢イは、顧客クレームとあるので顧客
選択肢ウは、研修会とあるので学習と成長
選択肢エは、注文受付から製品出荷とあるので業務プロセス

解答

正解:エ

アドセンス
改行

テックキャンプ