「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問61」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問61

IT投資ポートフォリオにおいて、
情報化投資の対象を、戦略、情報、トランザクション、インフラ
の四つのカテゴリに分類した場合、
トランザクションカテゴリに対する投資の直接の目的はどれか。

ア:管理品質向上のために、マネジメント、レポーティング、分析などを支援する。
イ:市場における競争優位やポジショニングを獲得する。
ウ:複数のアプリケーションによって共有される基盤部分を提供する。
エ:ルーチン化された業務のコスト削減や処理効率向上を図る。

解説

戦略:競争優位やポジショニングの獲得戦略の投資
情報:管理のための情報に対する投資
トランザクション:コスト削減や処理効率向上の投資
インフラ:基盤部分。まぁそのままの意味であるインフラである。

トランザクションは取引と訳される。
活動の一単位のことである。
それの価値を向上させるということは、速くやるとか、安くやるとか、そういうことである。

解答

正解:エ

アドセンス
改行

テックキャンプ