「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問60」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問60

情報システムの可監査性を説明したものはどれか。

ア:コントロールの有効性を監査できるように、情報システムが設計・運用されていること
イ:システム監査人が、監査の目的に合致した有効な手続を行える能力をもっていること
ウ:情報システムから入手した監査証拠の十分性と監査報告書の完成度が保たれていること
エ:情報システム部門の積極的な強力が得られること

解説

「情報システムの」可監査性というのが問題文である。
可監査性という言葉だけに引っ張られてはいけない。

選択肢イは、人間の能力についての話。
選択肢ウは、報告書の完成度についての話。
選択肢エは、情報システム部門という人間の集まりの話。

なのである。つまり可監査性という言葉を知らなくても、情報システムについて話しているのは選択肢アだけである。

つまりアが正解である。

情報システムの可監査性とは「コントロールの有効性を監査できるように、情報システムが設計・運用されていること」である。

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ