「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問57」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問57

ITIL2011editionに示されるサービスデスク組織の構造とその特徴のうち、
“フォロー・ザ・サン”の説明として、最も適切なものはどれか。

ア:サービスデスクを1拠点又は少数の場所に集中することによって、サービス要員を効率的に配置したり、大量のコールに対応したりすることができる。
イ:サービスデスクを利用者の近くに配置することによって、言語や文化の異なる利用者への対応、専門要員によるVIP対応などができる。
ウ:サービス要員が複数の地域や部門に分散していても、通信技術を利用することによって、単一のサービスデスクがあるようにサービスを提供することができる。
エ:時差がある分散拠点にサービスデスクを配置し、各サービスデスクが連携してサービスを提供することによって、24時間対応のサービスが提供できる。

解説

フォロー・ザ・サンなどという名称なので、太陽を追い続けるのだと判断してしまう。
まぁ、そう判断しても良いけれど、実情を考えるとそうではない。

実情としては、「時差がある分散拠点にサービスデスクを配置して、24時間対応できるよ」ということなので、フォローしている対象は太陽ではなく、覚醒状態にある人間である。

太陽を追い続けていたって、そこにはいつでも陽の光が差しているのだから、夜間対応ができないではないか。
だからこの名称は間違っているのである。ただカッコつけているだけである。

フォローするのは「覚醒状態にありサービスを求める人間」である。そのための24時間対応である。

解答

正解:エ

アドセンス
改行

テックキャンプ