「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問54」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問54

ソフトウェアの機能量に着目して開発規模を見積もるファンクションポイント法で、
調整前FPを求めるために必要となる情報どれか。

ア:開発者数
イ:画面数
ウ:プログラムステップ数
エ:利用者数

解説

画面数が必要になる。画面数が開発規模と直結するかと問われれば、必ずしもそうだとは言えないけれど、それでも顧客と調整を行うにあたっては、分かりやすい指標になるのは確かだろう。

開発者数なんていくらでも調整ができるから、値段をふっかけることができてしまう。
プログラムステップ数だって、やろうと思えばいくらでも増やせる。
利用者数がどうあれ、開発するアプリケーションそのものに影響が出るかと言われると腑に落ちない。

よって、画面数が必要になる。

解答

正解:イ

アドセンス
改行

テックキャンプ