「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問53」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問53

あるシステムの開発工数を見積ると120人月であった。
このシステムの開発を12か月で終えるように表に示す計画を立てる。
プログラム作成工程には、
何名の要員を確保しておく必要があるか。

ここで工程内での要員の増減はないものとする。

ア:7
イ:8
ウ:10
エ:18

解説

全体工数が120人月。
それを12か月で終えろ。
つまり1か月で12人月やれ。

プログラム作成工程には何名の要員が必要か?

〔工数比率〕全体工数:120人月
仕様設計35%:42人月
プログラム作成45%:54人月
テスト20%:24人月

〔期間比率〕全体期間:12か月
仕様設計50%:6か月
プログラム作成25%:3か月
テスト25%:3か月

まとめると、
仕様設計は六ヶ月で42人月の仕事を行えばよい。
つまり、1か月で7人月の仕事になる。
つまり7人必要である。

プログラム設計は3か月で54人月の仕事を行えばよい。
つまり、1か月で18人月の仕事になる。
つまり、18人必要である。

テストは、3か月で24人月の仕事を行えばよい。
つまり、一ヶ月で8人月の仕事になる。
つまり8人必要である。

プログラム設計が問われているので18人が正しい。

解答

正解:エ

アドセンス
改行

テックキャンプ