「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問49」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問49

プログラムの誤りの一つに、
繰返し処理の終了条件としてA>=aとすべきところをA>aと
コーディングしたことに起因するものがある。

このような誤りを見つけ出すために有効なテストケース設計技法はどれか。
ここで、Aは変数、aは定数とする。

ア:限界値分析
イ:条件網羅
ウ:同値分割
エ:分岐網羅

解説

限界値分析とは境界値分析である。
既定値と同じ、
既定値を超える
既定値未満
の3ケースに分割し、分析する方法。

条件範囲の境目ってのは誤解が生じやすいから、徹底的に試験する手法

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ