「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問48」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問48

安全性や信頼性について、
次の方針でプログラム設計を行う場合、
その方針を表す用語はどれか。

〔方針〕
不特定多数の人が使用するプログラムには、
自分だけが使用するプログラムに比べて、
より多く、データチェックの機能を組み込む。

プログラムが処理できるデータの前提条件を文書に書いておくだけでなく、
プログラムについても前提条件を満たしていないデータが入力されたときは、
エラーメッセージを表示して再入力を促すようなものとする。

ア:フールプルーフ
イ:フェールセーフ
ウ:フェールソフト
エ:フォールトトレランス

解説

フールプルーフは人的ミスに対して安全性を担保する。
フェールセーフは安全第一。
フェールソフトはソフト稼働を優先する。そのためには性能劣化を厭わない。
フォールトトレランスは二重構成。

正解はア。

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ