「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問35」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問35

OpenFlowを使ったSDNの説明として、
適切なものはどれか。

SDN=Software-Defined Networking

ア:単一の物理サーバ内の仮想サーバ同士が、外部のネットワーク機器を経由せずに、物理サーバ内部のソフトウェアで実現された仮想スイッチを経由して、通信する方式
イ:データを転送するネットワーク機器とは分離したソフトウェアによって、ネットワーク機器を集中的に制御、管理するアーキテクチャ
ウ:プロトコルの文法を形式言語を使って厳密に定義する、ISOで標準化された通信プロトコルの規格
エ:ルータやスイッチの機器内部で動作するソフトウェアと、オープンソースソフトウェア(OSS)で実現する方式

解説

Software-Defined Networkingを和訳すると、
ソフトウェアが定義するネットワークである。
全然和訳できていないけど、大体そんな感じになる。

上記から推測して選択肢を除外していく。

選択肢ア
「ソフトウェアで~通信」とあり、定義という意味とはちょっと離れているので除外
選択肢イ
「ソフトウェアによって、~制御、管理」とあり、定義というニュアンスとちょっと似ているから保留。

選択肢ウ
ソフトウェアという用語がまるで出てこない。除外
選択肢エ
「ルータやスイッチの~ソフトウェアをオープンソースで実現」とあるように、公開されているソースで内部機器のソースを構築すると言っている。ネットワークの話が出てこない。除外

となると、選択肢イが一番妥当である。

これが正解。

解答

正解:イ

アドセンス
改行

テックキャンプ