「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問31」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問31

2台の端末と2台のレイヤ3スイッチが図のようにLANで接続されているとき、
端末Aのがフレームを送信し始めてから、
端末Bがそのフレームを受信し終わるまでの時間は、
およそ何ミリ秒か。

〔条件〕
フレーム長:1000バイト
LANの伝送速度:100Mビット/秒
レイヤ3スイッチにおける1フレームの処理時間:0.2ミリ秒
レイヤ3スイッチは、1フレームの受信を完了してから送信を開始する。

ア:0.24
イ:0.43
ウ:0.48
エ:0.64

解説

時間が掛かる場所は
・レイヤ3スイッチその1
・レイヤ3スイッチその2
・LANその1
・LANその2
・LANその3
である。

ちなみにレイヤ3スイッチに掛かる時間は両方とも同じである。
LANに掛かる時間もそれぞれ同じである。

つまりは、レイヤ3スイッチの時間とLANの時間が分かれば問題は終わったようなものである。

「LANの伝送速度:100Mビット/秒」とある。

「端末Aのがフレームを送信し始めてから、端末Bがそのフレームを受信し終わるまでの時間は」との記述があるので、送信するのはフレームだと分かる。

「フレーム長:1000バイト」とある。

つまり、1000バイトのモノを100Mビット/秒のLANで送るのである。

バイトとビットで単位がずれているので、合わせる。

100Mビット/秒は12.5Mバイト/秒である。

1000バイト÷12.5Mバイトは0.08ミリ秒である
これが三つあるので、0.24ミリ秒である。

次にレイヤ3スイッチ。

「レイヤ3スイッチにおける1フレームの処理時間:0.2ミリ秒」

もう書いてあるじゃん。
これが2個。0.4ミリ秒である。

これらを足し合わせて、0.64秒が正解である。

解答

正解:エ

アドセンス
改行

テックキャンプ