「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問29」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問29

“部品”表のメーカコード列に対し、B+木インデックスを作成した。
これによって、”部品”表の検索の性能改善が最も期待できる操作はどれか。

ここで、部品及びメーカのデータ件数は十分に多く、
“部品”表に存在するメーカコード列の値の種類は十分な数があり、
かつ、
均一に分散されているものとする。

また、”部品”表のごく少数の行には、
メーカコード列にNULLが設定されている。

実線の下線は主キーを、破線の下線は外部キーを表す。

ア:メーカコードの値が1001以外の部品を検索する。
イ:メーカコードの値が1001でも4001でもない部品を検索する。
ウ:メーカコードの値が4001以上、4003以下の部品を検索する。
エ:メーカコードの値がNULL以外の部品を検索する。

解説

B+木インデックスとは
・木の深さが一定
・葉のみが値を持つ
・つりあいの取れている木
である。

特徴としては、
・否定を含む検索条件では効果を発揮できない
・NULLを含む検索条件では効果を発揮できない
・範囲検索なら効果が期待できる

ので、正解はウ

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ