「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問26」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問26

社員と年の対応関係をUMLのクラス図で記述する。
二つのクラス間の関連が次の条件を満たす場合、
a,bに入れる多重度の適切な組合せはどれか。

ここで、”年”クラスのインスタンスは毎年存在する。

〔条件〕
(1):全ての社員は入社年を特定できる。
(2):年によっては社員が入社しないこともある。

解説

(1):全ての社員は入社年を特定できる。
ということから、絶対に社員にとって入社年は存在するのである。
つまり0ということはあり得ない。

(2):年によっては社員が入社しないこともある。
ということから、社員が0の場合は存在し得る。

総括すると、
社員は0からそれ以上だが、
社員が存在すれば入社年は1である。

だからaとbの両方に0が入るケースはあり得ないのである。
だから、アは選択肢として除去される。

「社員は0からそれ以上」なので、ウとエは除去される。
よって正解はイ

解答

正解:イ

アドセンス
改行

テックキャンプ