「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問22」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問22

マイクロプロセッサの耐タンパ性を向上させる手法として、適切なものはどれか。

ア:ESD(Electrostatic Discharge)に対する耐性を強化する。
イ:チップ検査終了後に検査用パッドを残しておく。
ウ:チップ内部を物理的に解析しようとすると、内部回路が破壊されるようにする。
エ:内部メモリの物理アドレスを整然と配置する。

解説

タンパとは改ざんという意味である。
つまり耐タンパ性とは、改ざんに対する耐性である。
タンパ耐性である。

改ざんするためにはチップ内部が解析できていないといけないのである。
中身が分からない物を改造なんてできないからである。

ならば中身を解析しようとする時に、中身が壊れるようにすれば改ざんはできない。

という訳で正解はウ

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ