「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問19」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問19

プログラムの性能を改善するに当たって、
関数、文などの実行回数や実行時間を計測して統計を取るために用いるツールはどれか。

ア:コンパイラ
イ:デバッガ
ウ:パーサ
エ:プロファイラ

解説

コンパイラは機械語を生成するものである。
デバッガはバグの除去を支援するものである。
パーサは構文解析をするものである。
プロファイラは計測して統計を取るものである。

つまりエが正解である。
プロファイリングの意味と違いプロファイラである。
プロフィールである。自己紹介である。自分とは何かを紹介するものである。
つまり自分についての情報を経験して計測して分析して理解するからこそのプロフィールである。

解答

正解:エ

アドセンス
改行

テックキャンプ