「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問17」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問17

プリエンプション方式のタスクスケジューリングにおいて、
タスクBの実行中にプリエンプションが発生する契機となるのはどれか。

ここで、タスクの優先度は、タスクAが最も高く、
タスクA>タスクB=タスクC>タスクDの関係とする。

ア:タスクAが実行可能状態となった。
イ:タスクBが待ち状態になった。
ウ:タスクCが実行可能状態になった。
エ:タスクDが実行可能状態になった。

解説

プリエンプション方式とは、CPU使用時間や優先度などによって、タスクの実行を判断する方式である。

この問題では優先度が出てくるので、それに準じる。

Bの実行中に他のタスクの割込が入る場合とはどんな場合か?
Bより優先度の高いタスクが何かしらの状態になった場合である。

BはAの事だけを気にしていれば良いのである。
選択肢を眺めるとAが出てくる選択肢はアだけなので、アが正解である。

一応詳しく言うならば、Aが実行可能状態になったので、Bはタスクの割込を許すということである。

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ