「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問16」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問16

処理はすべてCPU処理である三つのジョブ、A,B,Cがある。
それらを単独で実行したときの処理時間は、
ジョブAは5分、
ジョブBは10分、
ジョブCは15分、
である。

この三つのジョブを次のスケジューリング方式に基づいて同時に開始すると、
ジョブBが終了するまでの経過時間はおよそ何分か。

〔スケジューリング方式〕
(1):一定時間(これをタイムクウォンタム)内に処理が終了しなければ、処理を中断させて、待ち行列の最後尾へ回す。
(2):待ち行列に並んだ順に実行する。
(3):タイムクウォンタムは、ジョブの処理時間に比べて十分に小さい値とする。
(4):ジョブの切替え時間は考慮しないものとする

ア:15
イ:20
ウ:25
エ:30

解説

このスケジューリング方式で言いたいことは「全てのジョブを均等に実行していくよ!」ということなのである。

「タイムクウォンタムは十分に小さい」という記述がそうであり、ジョブの切替時間を考慮しないというのもそうである。もっとはっきり言えよ。

処理を3分割するということなので、処理時間は3倍になるのである。

一番短いジョブAでも、終了するのに15分掛かるという事である。
ジョブAが終わったら、BとCで2分割するのである。

ジョブBが終わるまでを問われていて、ジョブBの残り時間5分である。
その2倍である。つまりは10分である。

Bが終わるまでに全部で25分掛かるのである。

正解はウ

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ