「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問15」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問15

システムの信頼性指標に関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア:MTBFとMTTRは、稼働率が0.5の時に等しくなる。
イ:MTBFは、システムが故障してから復旧するまでの平均時間を示す。
ウ:MTTRは、MTBFに稼働率を掛けると求めることができる。
エ:MTTRは、システムに発生する故障と故障の間隔の平均時間を示す。

解説

MTBFは故障するまでの時間である。要は正常稼働し続けている時間である。
MTTRは故障から復旧するまでの時間である。要は故障している時間である。

ややこしいと思わないのかね?この言葉を作った人は。
単純に、稼働している時間と故障している時間なのだから、
LIVING TIMEとか、DESTROY TIMEとか、もっと直感的な用語にすれば良いのに、
なんだよ、故障するまでの時間って、わざわざ裏返して考えなきゃいけないのがモヤモヤする。

まぁそれは置いておいて、稼働率というのは
MTBF(生存時間)/(MTBF(生存時間)+MTTR(故障時間))で求めることができる。

生存時間と故障時間が時間の全てであり、その中で生存している時間が稼働率なのである。

で、選択肢アが正しいかを検証する。
稼働率が0.5の場合MTBFとMTTRは等しいのか?という話である。
これは裏返せば、MTBFとMTTRが等しい場合、稼働率は0.5になるという話である。
裏返しばっかだな。

生存時間が10秒で、故障時間が20秒のケースを考える。
10/10+20=0.33333
だから、生存時間と故障時間が異なると稼働率は0.5にならない。

じゃあ、生存時間と故障時間が同等の場合、
生存時間が55で故障時間も55の場合はどうなるか?
55/55+55=55/110=0.5

つまり選択肢アは正しいのである。

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ