「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問14」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問14

3台の装置X~Zを接続したシステムA,Bの稼働率に関する記述のうち、
適切なものはどれか。

ここで、3台の装置の稼働率は、いずれも0より大きく1より小さいものとし、
並列に接続されている部分は、どちらか一方が稼働していればよいものとする。

ア:各装置の稼働率の値によって、AとBの稼働率のどちらが高いかは変化する。
イ:常にAとBの稼働率は等しい
ウ:常にAの稼働率が高い
エ:常にBの稼働率が高い

解説

基本的な考えとして、直列部分があると稼働率が低くなりがちであるということである。
Bは並列で構成されていて、Aはそうではないので、Bの方が稼働率は高いよね!という話である。

XとYが存在するとして、
直列の場合はXYが稼働率となる。
並列の場合は1-(1-X)(1-Y)となる。

例えばXとYの稼働率がそれぞれ0.5だとしたら、
直列:0.5×0.5=0.25
並列:1-(1-0.5)(1-0.5)
1-0.5×0.5
1-0.25=0.75
となる。

圧倒的に並列の方が稼働率が高いのが分かるだろう。

正解はエ

解答

正解:エ

アドセンス
改行

テックキャンプ