「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問13」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問13

商品検索と発注入力が可能なWebシステムについて、
時間帯別のトランザクション数を表1に、
TPSによる必要なCPU数を表2に示す。

このWebシステムに必要かつ十分なCPU数は幾つか。
ここで、OSのオーバヘッドなどの処理については無視でき、
トランザクションはそれぞれ時間帯の中で均等に発生するものとする。

ア:1
イ:2
ウ:3
エ:4

解説

まず一番トランザクション数が多い時間帯はどこか?という話である。

考えるまでもなく、11:00~12:00である。だって多いもの。

この時間帯の商品検索と発注入力のトランザクション数を足すと、
「43200+21600=64800」となる。
これが1時間あたりに発生するトランザクション数である。

問題文に「トランザクションはそれぞれ時間帯の中で均等に発生する」とあるので、単純に秒で割ればよい。

TPSとはトランザクション パー セカンドである。
セカンド当たりのトランザクションである。
セカンドとは秒のことである。
つまりは1秒当たりのトランザクションのことである。

1時間当たりに発生する64800トランザクションが均等な間隔で発生しているのだから、
64800÷3600である。(1時間は3600秒)

計算結果は18である。
11時から12時は1秒に18トランザクションが発生しているのである。

さて、このトランザクションに対して必要なCPUは何個?というとこれは簡単である。
2個である。
18は10以上で20未満だからだ。

答えはイ

解答

正解:イ

アドセンス
改行

テックキャンプ