「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問12」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問12

仮想サーバの運用で使用するライブマイグレーションの概念を説明したものはどれか。

ア:仮想サーバで稼働しているOSやソフトウェアを停止することなく、他の物理サーバへ移し替える技術である。
イ:データの利用目的や頻度などに応じて、データを格納するのに適したストレージへ自動的に配置することによって、情報活用とストレージ活用を高める技術である。
ウ:複数の利用者でサーバやデータベースを共有しながら、利用者ごとにデータベースの内容を明確に分離する技術である。
エ:利用者の要求に応じてリソースを動的に割り当てたり、不要になったリソースを回収して別の利用者のために移し替えたりする技術である。

解説

ライブマイグレーションはLiveのMigrationである。
Liveは「生、そのまま」とかいった意味である。
Migrationは「移行」という意味である。

ライブマイグレーションとは、そのまま移行する技術のことである。

そのままってのは停止しないでってことであるから選択肢としてはアが適切である。

解答

正解:ア

アドセンス
改行

テックキャンプ