「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問11」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問11

ストレージ技術におけるシンプロビジョニングの説明として、
適切なものはどれか。

ア:同じデータを複数台のハードディスクに書き込み、冗長化する。
イ:一つのハードディスクを、OSをインストールする領域とデータを保存する領域とに分割する。
ウ:ファイバチャネルなどを用いてストレージをネットワーク化する。
エ:利用者の要求に対して仮想ボリュームを提供し、物理ディスクは実際の使用量に応じて割り当てる。

解説

シンプロビジョニング(Thin provisioning)を直訳すると、薄い準備である。
何の事だか意味が分からんのである。

「使える量として表示する容量」と「実際に使っている容量」を別に管理して物理ディスクの容量効率化を行う技術である。

「あなたが使えるデータ容量は10Gですよ!」と記載しておくけど、その時点ではディスクの割当ては行わないのである。

「そんなの嘘じゃないか!」と憤るかもしれないが、別に嘘ではない。その人がディスクを使用すれば、使用した分だけちゃんと割当てを行う。

要は「あなたは10G使えるけど、ディスクの割当ては使い始めてからね!」という話である。そうすると、ディスクの容量削減ができるのである。

こうすると何が良いのか?ネットワーク経由で複数人でディスクを使用する時に、ムダなディスク容量を確保しなくて済むのである。

最初:私は10G使うから、最初から10G確保しておけよ!
1年後:やっぱり10Gなんて使わないわ!1Gで十分!

となると、9Gはムダに終わるのである。

だが使う分だけを割り当てる方式にすれば、9Gは他の誰かに割り当てることができるのである。
言ってしまえば、「10人に10Gずつ使えるよ!」という触れ込みでネットワークディスクを割当てても、実際は10Gだけで済ませることができるのである。お得である。

それがシンプロビジョニングである。薄い準備というよりかは、手薄く準備しておき、必要に応じて厚く対応するという感じだろうか。

解答

正解:エ

アドセンス
改行

テックキャンプ