「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問9」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問9

メモリの誤り制御方式で、
2ビットの誤り検出機能と、1ビットの誤り訂正機能をもたせるにのに用いられるのはどれか。

ア:奇数パリティ
イ:水平パリティ
ウ:チェックサム
エ:ハミング符号

解説

奇数パリティ→1の数を奇数にする方式。1ビットの誤りを検出。
水平パリティ→1ビットの誤りを検出。
チェックサム→末尾の検査値と計算式を用意し、誤りを検査する方式。
ハミング符号→検査ビットを付与することで、2ビット誤り検知と1ビットの誤り修正ができる。

解答

正解:エ

アドセンス
改行

テックキャンプ