「応用情報技術者試験/平成30年秋期午前問5」

問題

出典:応用情報技術者令和平成30年秋期午前問5

符号化方式に関する記述のうち、ハフマン方式はどれか。

ア:0と1の数字で構成する符号の中で、0又は1の連なりを一つのブロックとし、このブロックに長さを表す符号を割り当てる。
イ:10進数字の0~9を4ビット2進数の最初の10個に割り当てる。
ウ:発生確率が分かっている記号群を符号化したとき、1記号当たりの平均符号長が最小になるように割り当てる。
エ:連続した波を標本化と量子化によって0と1の数字で構成する符号に割り当てる。

解説

ハフマン方式とは、発生確率が高い記号ほど短い符号で表すことで容量の短縮化を行う方式である。

ランレングス符号とは、連続する値をそのまま記載するのではなく、繰り返しの回数を記載することで容量の短縮を行う方式である。私は勝手にラン=駆ける(掛ける)レングス=lengths(桁長)という分解をして、桁長分掛算の値を記載する方式だと解釈して覚えることにする。

正解はウ

解答

正解:ウ

アドセンス
改行

テックキャンプ